B'z We Love

訪問ARIGATO☆

Profile☆

B'z We Love

Author:B'z We Love

New Message☆

コメントARIGATO☆

トラックバックARIGATO☆

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAK インタビュー誌「Player」

本日発売の「Player」8月号はTAK MATSUMOTOインタビュー&表紙の号となっています♪

皆さんご覧になりましたでしょうか?
今回も面白いインタビューが掲載されていました!

DSCF8989.jpg

ネタバレになりますのでご覧になりたくない方はご注意!


DSCF8990.jpg



松本さん自身が改めてまた録りなおしたいと思ったベスト的な選曲が光るこのアルバムですが、松本さん自身は新作を録音しているつもりだったそうです♪

そのいい例として新しい試みがたくさん盛り込まれていますね。ラリーさん紹介によるポールさんとの作業は松本さんの作ったものとどんどん違う方向に流れて行ったり…(笑)

そこの詳しい話は「ローリングストーン日本版」の方がよく書いてありましたが(笑)

今回の松本さんの音の特徴としては本人も掲げている「間」や「トーン」が際立つ楽曲アレンジだったり演奏ですよね♪
そこから人気曲でもある「Sacred Field」「Go Further」「RED SUN」などが選曲されなかったことも納得がいきます☆

この「間」や「トーン」というものは一朝一夕では身につくものではないのではないかと思います。
その松本さんが積み重ねてきたキャリアや月日はどれも無駄ではなかったと振り返っていますが、それを堪能できるのが特典としてついてくるDVDではないかともお話しされています。

そう考えると本当によくできたアルバムなんだなぁと感心しました☆

DSCF8991.jpg

また、今回のアルバムを引っ提げてのツアーについて開催はあるのか?という質問には、行わないと話されていましたが、いつかはギタリストとしてこういうツアーもやりたいと気になる発言も♪

ギタリストと音を重ねてLIVEをやることに興味があるそうで、大賀さんのお名前もばっちり出ていました!
大賀さん、本当に素晴らしいギタリストなんだなぁと思います♪

又、東日本大震災のことにも少しだけ触れ、「上を向いて歩こう」という楽曲には「不思議と上を向けるような力がある」と話されていました。
ラリーさんたちアメリカの方々にも知名度のあるこの楽曲であったこと、そういったタイミングが合ったこと。

ああいった状況の中で、言葉はなくても上を向かせてくれる楽曲だと思うと。


国境を越えて松本さんのギターが歌心を歌って鳴り響いてくれることでしょう☆


スポンサーサイト

ほんとに、ほんとに、素晴らしい人ですょね☆


TAKさん~(T-T)ウゥッ

>OSAKA-DEVIL さん

TAKさん~(T-T)ウゥッ

もらい泣きw

コメントACTION☆


管理者Tsubasaにだけ表示を許可する

トラックバック

http://bzwelove2.blog36.fc2.com/tb.php/753-fefcdc41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byTsubasa 
Copyright © B'z We Love.All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。