B'z We Love

訪問ARIGATO☆

Profile☆

B'z We Love

Author:B'z We Love

New Message☆

コメントARIGATO☆

トラックバックARIGATO☆

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

B'z The 雑誌☆「AERA -2013.9.23-」

1379149329952.jpg



5年ぶりの登場という事でAERAにインタビュー記事が掲載されています☆

B'z 「トップを走り続ける理由」


この先はネタバレですのでまだ読まれていない方はお気を付けください☆



IMG_20130914_221419.jpg


記事の内容は、結成25年を迎えてB'zというバンドについて語っています。

今年の活動の中の一つとして6月から行われていたホール公演、島根県の隠岐島でのLIVEについて取り上げられています。
松本さんは「どこでもやれるバンドでいたい。」と語っています。

スタジアムのような大きい会場でコンサートができることを「ラッキーなことに大きい会場で演奏させてもらっている」と語り、「大きい会場でやっているから、小さいホールで少ない人を満足させることができるとは思っていない。全くの別のもの」とも語っています。

稲葉さんは「小さい会場で行うと、ライブがきっかけで色々な人が足を運んでくれる。町おこしと呼べるものではないけど、僕らみたいなバンドができることの一つであれば、みんなドンドンやればいいのに」と語っています。


常に観客、ファンの事を考えているお二人であるからこそ、支持されているのではないでしょうか。

IMG_20130914_221452.jpg



また、記事では「東日本大震災」でのことも振り返り、「何もできない」「震災後、しばらく出番はないと思った」とも語っています。
無力感を味わったそうで、それでもLIVEに来るとお客さんはみんな明るくて元気で、でも、ファンレターには大変な状況や苦しい思いが強烈に伝わってくることがあったそうです。


IMG_20130914_221519.jpg



記事の後半部分ではB'zという二人の関係性について取り上げられています。
お互いに刺激し合い切磋琢磨していること、お互いを尊敬し合っていることが記事の内容から伝わってくる内容になっています。


お二人は、「歴史に残るうまい酒」とグラミー賞を受賞した後に飲んだお酒としてあげています。
お互いのことを想い、尊敬し合っているからこそB'zは、解散、活動休止などということなく25年間ひたすらに走り続けてこれたのだと思いました。

スポンサーサイト

コメントACTION☆


管理者Tsubasaにだけ表示を許可する

トラックバック

http://bzwelove2.blog36.fc2.com/tb.php/898-d2c57147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byTsubasa 
Copyright © B'z We Love.All rights reserved.